ソーラー照明灯【ヒラソル】増殖中!(敦賀港/東京湾マリーナ)

On 02. 10. 2009 by sai1525

3315-01

雨の中、凛々しい姿で立つソーラー照明灯【ヒラソル】。
福井県は敦賀港。
新たに建設される国際バースの入り口にあるポケットパークに、ひとりヒラソルが立っています。

まだこの公園は整備の途中で、照明灯の下に新たな園路が設計されており、 この園路のはじまり地点を照らす役割を担っています。

ソーラー照明灯は独立電源ゆえ、 自由(g.u.)な設置が可能です。
電線がないと製品の姿、デザインが際立つように見えるのは親バカの心境でしょうか・・・

3315-02

敦賀出張から戻り、その足で東京湾マリーナさんへヒラソルを設置しに向かいました。
マリーナ施設は、大きなヨットやモーターボートを船台に乗せて移動させるために、 場内の電線は地中化されています。
なので、新たな電気設備を計画する場合、大掛かりな工事になってしまいがちです。

こんな時こそソーラー照明灯【ヒラソル】がその実力を発揮します。
護岸にケミカルアンカー(M16を4本)を打設し、本体を固定した後、灯具・ソーラーパネルを取り付けたポールを本体にボルトアップし、最後に結線を行うだけの作業です。
このノックダウン工法は、施工効率をあげるだけでなく、パーツを宅配便でお届けできるため、各地への運送費が安価になります。

ヨットやモーターボートのオーナーさんは自然を大事にしてくれています。
ソーラーエネルギーにも大いなる関心を寄せて頂けるのではないでしょうか。
sai-BRANDの新たな取り組みにご期待下さい。

【ヒラソル】のセールスポイント
敦賀港湾管理局様、東京湾マリーナ様の事例をご覧になっていただいてお分かりになられるよう、ヒラソルは塩害対策に力を入れております。
また、バッテリーは10年保証です。
港湾や漁港施設の環境整備にご計画いただければ幸いです。

Print Friendly, PDF & Email

Comments are closed.

  • Copyright © 2015 sai-BRAND All Rights Reserved.