沖縄県恩納村仲泊ボードウォーク④

On 07. 10. 2013 by sai1525

台風24号が接近する中、羽田から朝一番の便で沖縄へ入りました。 空港でレンタカーを借り、ラジオをつけると、聞こえてくるのは台風の話題ばかり。 沖縄県では朝6時には台風対策として学校の休校を判断し、外出を控えるようアナウンスをしたそうです。 人間が自然の猛威に敵うわけがないという、ごく自然な判断と対処が、ここではきちんとできているんだと改めて感心しました。 それゆえに、道路も空いていて、あっという間に恩納村の現場に到着しました。 すでに当初の発注工区が完了しているのですが、利用者と施設自体の安全対策として追加された工事を残しています。 20131007-142330.jpg

この円形のデッキは、おんなの駅(道の駅)から博物館を望む位置に造られた450m2のデッキです。 水面すれすれまで降りることができるので、水際のイベントなど、さぞかし気持ちの良い空間になると思います。 20131007-142424.jpg

これは円形デッキから国道58号線にアプローチできる桟道(ボードウォーク)です。 おんなの駅に車を停め、この桟道を登り、東シナ海の海を眺めることができます。 20131007-142552.jpg

そしてこれは道の駅の対岸となる博物館側の桟道です。 写真の奥に少し見えますが、傾斜護岸とボードウォークとの隙間の安全対策として、今回、スリット式のデッキを提案し、ご採用いただきました。 20131007-145243.jpg

今日は、この試みのために来沖したのですが、台風のため敢え無く断念し、今はホテルで待機しています。 しかし、今夜中に台風は沖縄から抜けていく予報なので、明日は現場作業ができそうです。 弊社の技術は沖縄という土壌で育てていただいたといっても過言ではありません。 紫外線、塩害、飛砂、潮位、波浪、風圧etc.どれを取っても本土の比ではありません。 この土地できちんとしたモノをつくり、公共施設としてご利用いただき続けることが、すなわち弊社の基準となっています。 弊社の製品、技術を育てていただいた沖縄という土地に感謝するとともに、たくさんの恩返しをして行きたいと考えています。

Print Friendly, PDF & Email

Comments are closed.

  • Copyright © 2015 sai-BRAND All Rights Reserved.