Products/Technology

水辺、海辺に使用される建材や製品は、過酷な自然環境に耐えうるものでなければなりません。
また、使用する材料自体も高い耐久性やリサイクルなどにより資源であり続けたい。
そんなモノづくりを続けることで、sai-BRANDの製品は水辺以外にも幅広くご採用いただいています。

Focus

saiブランドでは素材や製品の開発だけでなく、日ごとに工夫や挑戦を続けています。
自社で設計し、現場で施工をすることで得られた経験を、製品やサービスにフィードバックしています。

News

最新情報をブログ[ sai-BRAND News ]でご紹介します

2020/07/14

TG6-90S(M6×90)仕様変更のお知らせ

2008年にリバースウッドデッキシステム沿岸仕様の専用ビスとして開発したTG6-90S(M6×90)ですが、この度、12年の時を経て頭部の六角孔の径に改良しました。

2020/07/13

復興への祈りを込めて

美しい構造の橋です。 これは現在進行中のプロジェクトで「南三陸町の中橋」で、基本設計からかかわってきたPJです。 パシフィックコンサルタンツ・隈研吾建築都市設計事務所JV による設計で、地元、福島県の矢田工業さんが元請で工事にあたっています。

2020/06/26

弊社発行文書の電子化のご案内

弊社では、今後も柔軟にリモートワークや情報のクラウド化を推進するとともに、書類の『紙と印章(ハンコ)』の電子化(弊社文書管理規定及び印章管理規定に基づく)を進めていき、業務の効率化に努めてまいります。

2020/06/24

「すみだリバーウォーク」初渡り

浅草とスカイツリーを一直線で結ぶ「すみだリバーウォーク」。 この大事業は東武鉄道さんが民間の力で成し遂げたものです。 橋から眺める壮大な都市景観だけでなく、電車の音、振動を間近に感じることのできる空間はここを置いて他にはないでしょう。

2020/06/18

祝!すみだリバーウォーク開通

本日、2020年6月18日(木曜)午前7時に「すみだリバーウォーク」が開通しました

2020/06/02

沖縄事務所建設(2)

saiブランドスクエア沖縄の工事が完成に近づいてきました。 saiブランドといえば「木道」「木橋」なので、この建物にもそれらしい空間が設計されています。 本来であれば、自分自身がこの場に立ち、細部まで検証しこだわり抜きたいところなのですが、コロナウイルスによる渡航自粛により、建前以降、一度も現地へ行くことができない歯がゆさにもがいています。

sai-BRANDお問い合わせ会社概要メッセージ受賞歴・特許取得CSR採用情報サイトマップご利用案内

資源でありつづけるモノづくり sai-BRAND

株式会社 saiブランド

Head:〒130-0021 東京都墨田区緑4-28-6 saiブランドスクエア TEL 03-6666-9965 FAX 03-6666-9964

Branch:sai横浜 / sai中部 / sai近畿 / sai中国 / sai山陰 / sai九州 / sai沖縄

Copyright © 2020 sai-BRAND All Rights Reserved.